こんにちは。登米巻き爪矯正院です。

「これはタコ?魚の目?どっちですか?」という質問をいただきました。

どちらも慢性的にストレスが加わる部分が硬くなる現象のため、原因は同じになります。

同じ場所にストレス(圧力)が加わり角質が硬くなると「タコ」になり、角質が根を持ち真皮側に伸びていき神経に触れて痛みがでると「魚の目」ということになります。


簡単にいうとこの違いが「タコ」と「魚の目」ですが、「イボ」はウイルスによるものなので
放っておくとどんどん増えてきたり、大きくなったりします。

「イボ」は角質ケアでは対応できません。
医療機関での治療が必要になります。

ザックリですが、簡単な見分け方としては。

1、黒い斑点が見える。
2、凸凹があり、ギザギザしている。
3、靴があたったり、ストレスが加わる場所と関係ない場所にある。
4、急に大きくなったり、増えたり。

などという場合は「イボ」の疑いがあります。

「タコ」・「魚の目」の場合は、ぜひ当院へご相談ください!

登米巻き爪矯正院では、随時無料相談を受けております。
お気軽にお問い合わせください


************************************************************************
切らない!痛くない!巻き爪専門院 
登米巻き爪矯正院
詳しくはホームページで
/