こんにちは。
登米巻き爪矯正院です。
今日はなったら痛い、陥入爪についての話をします。
そもそも陥入爪とは、足の爪の角や側面が皮膚に食い込んだ状態で痛みを伴う状態を言います。
そのままでも痛くて歩くのもつらいのに、細菌感染を起こしてしまうと更に
痛みが増してしまい大変です。
普通の爪の形でも、爪の切り方が悪い為に痛みや炎症をおこす場合があります。
よく見られるのが、全体的に短く切り過ぎた爪や、角の部分を切り過ぎた爪です。
いわゆる深爪です。
皮膚科以外の医療機関を受診すると、食い込んでいる爪を切られます。
一時的に状態は良くなりますが、陥入爪の1番の原因は深爪です!
食い込んでいる爪を切るという事は、深爪しているという事になるので、後で爪がのびて来た時には大変痛い思いをすることになります。
ということは、単純に爪を伸ばせばいいという事になります。
爪の端が指の外まで出るまで伸ばせばいいのです。
ただし、実際に伸ばそうとしても途中で痛くなり結局切ってしまったと言われる患者さんがおられるのも事実です。
何故なら、爪の食い込みがひどいと爪の端のトゲ状になった部分が伸びる時に、皮膚に刺さり込んで余計に痛くなるのです。

しかし、巻いた爪を矯正しながら伸ばせば良い方向に向かってくれますよ!
まずは、お気軽にご相談くださいね(^ ^)


**********************************************************************************
切らない!痛くない!巻き爪専門院 
登米巻き爪矯正院
詳しくはホームページで
/