こんにちは。今日はタコや魚の目についてのお話です。

足の裏や指に出来る、魚の目やタコ。
歩くたびに小石を踏みながら歩いているかのような強い痛みを感じる場合があります。
痛みを感じないからと、そのままにしているても自然に治らないのが厄介なところでもあります。
かと言って自分でなんとかしようとすると、かえって悪化させてしまうこともあります。
魚の目、タコは同じ部分に大きな刺激が加わる事で角質が分厚くなります。
この角質が部分的に刺激を受けると、魚の目やタコになってしまいます。

魚の目とタコのできかたはほとんど同じですが、うおのめには芯があることが大きく異なります。
この芯が神経を圧迫する為、魚の目は歩くたびに痛みが起こります。

一方タコには芯がありません。神経がないため痛みがないことが多く、角質はより分厚くなっている事から外部からの刺激を感じにくい状態です。

魚の目やタコのセルフケアはいろいろ注意しなければいけないことがあります!

お悩みの方は一度ご相談ください。

***********************************************************************************
切らない!痛くない!巻き爪専門院 
登米巻き爪矯正院
詳しくはホームページで
/