登米巻き爪矯正院です。
今回は、巻き爪と陥入爪は爪の切り方にあり!というお話をさせていただきます。

そもそも巻き爪とは、足の指にある爪の端が強く湾曲した状態を言います。(手の指もなる場合がある)
巻き爪になるのは、負担のかかりやすい親指の爪が多いのですがその他の指もなることもあります。

陥入爪は、爪の先端がその周囲の皮膚組織に食い込んでいる状態を言います。
この状態ですと、爪の端の部分が皮膚を
傷つけて炎症をおこしたり膿が出て肉芽という盛り上がりができることがあります。
これらの原因の一つが、間違った爪切り方法です。
爪の白い部分をすべて切り落として深爪になったり、爪のかどを切り込みすぎたり。
その結果、陥入爪や巻き爪の原因につながってしまう場合があります。

正しい爪の切り方は、爪を上から見たときに四角く、角がしっかり残っているのがポイントになります。
爪先も上から見たとき、指先のおにくが1~2ミリ程度見えるくらいになるように仕上げます。
爪やすりを使って調整すると、切り過ぎることがなく安全に仕上げることが出来ます。

爪の正しい切り方が、巻き爪、陥入爪の予防につながります。

*****************************************************************************
切らない!痛くない!巻き爪専門院 
登米巻き爪矯正院
詳しくはホームページで
/